当院治療方針

当院は、
・ご家族の要望と期待を尊重し、十分な説明と同意(インフォームドコンセント)のもと、 検査・治療をすすめること。
・動物の不安、痛みを積極的に取り除くこと。
・学会・勉強会に積極的に参加し、より良い獣医療を提供できるよう努めること。
をモットーに、診療を行っております。
犬山市、丹羽郡扶桑町、江南市などの愛知県北部と、岐阜県各務原市および中濃地区では、犬猫専門のホームドクターとして、予防と一般診療を行っています。
特に力を入れている眼科診療では、白内障手術を希望される方など、遠方からの紹介症例も受け入れております。

無縫合糸不妊手術

 不妊手術の際の縫合や結紮に使用する糸の種類には、いろいろなものがありますが、扱いやすさと確実性の面から絹糸がしばしば使用されてきました。ところが近年、ミニチュア・ダックスフントなどの特定の犬種を中心に、絹糸に対する縫合糸肉芽腫の報告が急増しております。特異体質の動物では、縫合糸に対してアレルギーを起こして、結紮部位や縫合部位に肉芽腫性炎症を起こすことがあります。原因となっている縫合糸を取り除くための再手術が必要となることがあります。当院では、去勢・避妊手術では絹糸は一切使用しておりません。さらに絹糸以外の縫合糸においても肉芽腫性炎症を引き起こす犬も認められるため、近年では血管シールド装置を導入し、腹腔内に縫合糸が残らない術式を選択していただくことも可能となっております。

猫の飼主の方へ

ネコちゃんは洗たく用ネットのような袋に入れてくるか、しっかり閉まるカゴの中へ入れてお連れ下さい。よく慣れているネコちゃんでも、車の音や、ワンちゃんの声に驚いてにげてしまう事があります。